本気で生きて来たからこそ見える世界。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2664 1444

本気で生きて来たからこそ見える世界。

2022.10.07
2022.10.07

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

自分が人生を生きる上で沢山の人を人を見てきていますが、一生懸命に生きている人は美しいなとつくづく思います。

僕もよくなる「燃え尽き症候群」なんですが、走り続けていないと死んでしまうなんてことを思ってしまうと、そうなってしまうくらいついつい無理してしまう自分がいたりします。

ということで今回は、本気で生きて来たからこそ見える世界、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

全力で駆け抜けた人の背中を追っている人生。

僕が魅力的だと感じる人は、やっぱりどんな分野でも「全力で駆け抜けている人」で、だからこそそのには数え切れないほどの喜怒哀楽があり、エネルギーが集まるんだと思っています。

どんなことも中途半端に投げ出さず、最後まで全力でやり切る姿を追って生きて来たからこそ、たまには燃え尽き症候群のようになってしまうんですが、そんな時間を過ごせている時こそいい作品が生まれたりします。

それは仕事だけじゃなくプライベートも全く同じで、僕は毎日のように「もう限界…」となるくらいまで自分と戦った後、気絶するように眠ってしまうのが日常だったりします。

僕はいつだって全力だ。

そんなことから僕は「中途半端な時間」というのが一番不要だと思っていて、例えば子供と鬼ごっこをする時なんかでもムキになって全力で戦いますし、絶対に忖度鬼ごっこなんてことはやりません。

その感じを持ったまま大人になっているもんですから、大人からは「もうしつこいよ…」みたいに思われるくらいトコトンぶちかましてしまうんですよね。(なので2回目とかは大体誘われません)

こいつから連絡が来たらややこしいことになるって感じで、僕の周りからリタイアしていくことが続出しちゃうわけなんですよね。

ただ、僕が今お仕事をご一緒させていただいている方々なんかは、まさに同じようなエネルギーを持っている方が多いので、お仕事だけじゃなくプライベートでお話をする時もすごく楽しかったりします。

エネルギーに対して妬み嫉みを持ったら終わり。

で、めちゃくちゃドキッとする方が多いと思うんですが、そんな本気のエネルギーを持って活動している人を見ると冷めた目で見る人っていないですかね?

実際に、昔の僕がまさにそんな感じだったんですけど、いつからか自分も熱い寄りのエネルギーを持っている立場へと変わりました。

そんな立場になってからこそ分かるんですが「いいなぁお前は楽しそうで…」みたいな感情を持って、それを「お前だけ楽しんでる感じやめてくれる?」みたいな妬み嫉みを持ったら終わりだと思うんです。

僕がエネルギーを持てるようになったのは、まさにその妬み嫉みを捨ててエネルギーに同調してみた時で、その時から僕に見える世界は明らかに変わりました。

本気で生きて来たからこそ見える世界。

僕はこれまでの人生で、サッカーで全国大会に出たり、パート・アルバイトで結果にこだわって働いたり、ゼロから独学でデザイナーを目指したり、色んなことに対して本気に生きて来ました。

そして今も「明日に死んだっていい」って思いながら、僕は全力で生きています。

本気だからこそ、時には間違ったこともしてしまうし、自分自身に対してのオーバーキルみたいになってしまったりするんですが、きっとそこにこそ本当の感情があると思うんです。

本当に嬉しいことに僕は、自分を尊敬し、支え合おうとしてくださる方々が周りにたくさんいらっしゃいます。

心の底からそれが「本気で生きて来たから」だと強く思うし、だからこそ自分の言葉や行動に説得力が生まれるんだと思うんですね。

本気で生きてる人に、僕も本気で向き合うからこそ、僕は今の立場を得ることが出来たんだと思います。

「しんどいな」っていえば「大丈夫ですか?」って言ってくれる人がいる、そんな素敵な方々に囲まれているおかげで、僕は今日も生きようと思えています。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer