業界トップのリーダーに共通してあった強い想い。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

業界トップのリーダーに共通してあった強い想い。

2022.08.29
2022.08.29

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

ここ最近、僕はどうしてか業界トップのリーダー(社長)にお会いすることが多くて、どうして自分はその場所にいることが出来るんだろう?と戸惑っています。

お話を聞かせてもらう中で感じるのはリーダーとしての気質で、その蓄積された経験と背負っておられるものに対してのオーラに圧倒されるんですね。

ということで今回は、業界トップのリーダーに共通してあった強い想い、についてお話ししたいと思います。

業界トップのリーダーに共通してあった強い想い。

僕自身が業界トップのリーダーとお話しさせていただいて感じることは、こんな僕でもしっかりとお話が出来る立場であるということです。

僕自身に合わせて話してくださっている部分はあると思うんですが、仕事に対する想いや行動なんかをとってみても、何を言っているか分からないということは1ミリもなく、共感の連続な訳なんですよね。

で、どのリーダーも共通しているのは「難しい仕事やお金の話はしない」ということで、その代わりに話すことといえば「強い想い」の部分な訳なんです。

そしてその「どういう想いで仕事をしているか」という部分に関しては、僕がお話をさせてもらったリーダー全てが同じことを言っておられるたんですね。

僕がそんなリーダーの前に立てている理由。

僕なんてそのリーダー達に比べたらチリ以下のような存在であることは理解しているんですが、そんな中で僕がそんなリーダーの前に立てている理由を考えてみたんです。

社交辞令でもなんでもなく、僕はそんな方々からお仕事の依頼をいただいているような状態なので、何かしら僕から感じ取ってもらっているんだろうとは思うんですね。

で、それを言語化しようと頑張った結果、僕の中で「想いの共鳴」という言葉がしっくりくるなと思いました。

各界のリーダーが専門的な話で話していても理解は出来ませんが、先ほども言ったように仕事に対する強い想いの部分だけは全て共感出来るし、規模は違えど同じ気持ちで僕自身も行動していると感じたからです。

軽視しがちな「想い」の部分にもっとフォーカスする。

仕事ってほとんどの人は「お金を稼ぐため」にやってると思うんですが、どのリーダーもお金のために働いてる人なんて1人もいなかったです。

実際のところはお金を稼ぐために働いているということにはなるんですが、上手く表現は出来ませんが「お金を意識して働いていない」という部分が強いなって思いました。

というのも、そのお仕事に対する強い想いの部分の核となる部分は「お客さんに笑顔になって欲しいから」ということだけで突き進んでいるんですよね。

何億とお金を稼いでいる事実がある中でも、無償で対応することもあったり、どんな小さな案件でも喜んで受けたり、その姿勢は昔から今もずっと変わらないそうです。

リスペクトするリーダーと同じ想いを持つことを道標に。

僕がそんなリーダーから「福井さんにお仕事を頼みたい」とか「良い人を紹介してくださってありがとう」と言ってもらえるのは、やっぱり「想い」が同じだからだと思うんですね。

圧倒的な技術力を持っている訳ではない僕に「福井さんに任せとけば大丈夫」と思ってもらえるのは、やっぱり想いが共鳴しているからで、そこの部分を多くの人は軽視してはいけないと思います。

僕自身、こういうリーダーと触れ合っていく中で、この想いを持って突き進んでいくことで、リスペクトする存在に近づいていけるんだなって思いました。

自分自身がリスペクトするリーダーと同じ想いを持つことを道標にして、その想いを自分の仕事に対して落とし込んでいくことが前に進むことだと感じたので、その軸をブラさずにサービス提供者として邁進していきたいと改めて思いました。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer