自分の身を置く場所によって実現する目標。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

自分の身を置く場所によって実現する目標。

2023.02.10
2023.02.10

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

先日、お誕生日ということでお食事に連れてもらった大先輩からのお話の中で、自分の中ですごくスッと入ってくる内容がありました。

フリーランスを志した時、フリーランスとして瀬戸際だった時、フリーランスとして自立した時などの段階を経て、変わってくる感じ方があります。

ということで今回は、自分の身を置く場所によって実現する目標、についてお話したいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

現状だけを見れば今に実現可能なことしか見えてこない。

その大先輩は、貯金額や自分の収入などを(言いふらす訳ではないですが)隠すようなことはせず、どちらかといえば公言し、そこからどうありたいかという目標を宣言するような方なんですね。

要するに、お金を持っていることを羽生らかしたい訳でもなんでもなく、自分の辿り着きたい目標に近くづくための1つの行動としてい考えれば何もいやらしいことは無いと言ってました。

これは大先輩からの話の中で響いたことなんですが、それは先輩が言った「お金を稼ぐのはダメなことじゃない、それだけ自分にありがとうが集まった証や。」って言葉でした。

言い方を変えれば、(もちろん職種によって限界はありますが)自分にありがとうが集まった1つの指標としてお金があって、僕らはそれを指標として持っているだけで愛のない仕事をしている訳ではないということなんですね。(成績表みたいな感じ)

で、もっと高みを目指したい時に、今の状況にだけ目を向けていれば「逆算」は出来ないわけで、そういう意味で「いついつまでに〇〇円稼ぐ」みたいな目標を持ち、現状の公言をすることは自分を動かすという観点からは必要事項だと感じました。

自分の目標達成に導いてくれる人の近くにいるということ。

(バカみたいな自慢話以外での)そういったことを公言する中で変わって来ることがあって、その1つが「目標を叶えるためには環境を変える必要がある」ということに気付くという感覚です。

例えば飲食店をやっていて月に100万円稼ぎたいとなった時に、1日3人しか(人口的に)来ない超ど田舎で商売をやっていては達成出来ませんよね。

その時に考えるのが「都会に進出しよう」ということで、1日に上限3人しか来ない場所と100人以上来る可能性のある場所では「月100万円」という目標達成の可能性は全く変わってきます。

僕はいつだって(予算がいくらであっても)依頼に対して寄り添う覚悟はありますが、予算10万円が上限の人と1000万円が上限の人を比べれば、シンプルな収入だけを考えれば後者を1つの可能性として持っておかないと達成出来ない目標も物理的にあるんだと感じました。

人との出会いを惹きつけるには言霊を信じる。

昔から僕は自分ことを隠さずに全て言ってしまうし、ただ事実を言っているだけなのに「ビッグマウス」と言われて生きてきました。

それは自分がこれから目指す場所、そして現在地を公言することで「やるしかない状況」を生み出すためにやっていることで、多くの人が考える「自信がないから目標は公言はしない」とは訳が違うんですね。

ランニングなんかの継続でもそうですが「今日から毎日ランニング始めます!」という宣言や、「毎日ランニングをして〇〇日が経過しました!」という経過報告は、人の目を生むことになり、必ず自分自身のケツを叩いてくれる要素になるんです。

そういう意味を込めて、年収や貯金を言ったら家族から「いやらしい」と怒られることもありましたが、だけどそういった現状と目標を発言することで、そこに向かわせてくれる人を引き合わせてくれることを僕は知っています。

計算出来る目標じゃなく少し無理だと感じる目標に向かう。

全く同じサービスを提供する上で、Aさんから依頼を10万円から受け、資金に余裕のあるBさんから100万円で受けた時の顧客満足度が100%以上だとしたらBさんのような人を狙うと答える人がほとんどだと思います。

僕はそこでBさんみたいな存在がいるからといって、Aさんに対して100万円は要求しないし断ったりしたことも1度もありません。(僕からすれば収入や貯金を公言したりする人よりもBさんばかりを選り好みする人の方がいやらしいです)

ただ、Bさんみたいな人と一緒にお仕事をするためにはそれ相応のクオリティや経験、そして何よりも人脈や運といった努力の先にある要素が必要なんですね。

僕の(偉そうな意味ではなく)認める人というのはそんなチャラい人ではなく、このお話に出て来る大先輩はこれまで僕を昔の自分のようだと可愛がってはくれていましたが、今回初めて「俺の知り合いに合わせてみようか」と言ってくださりました。

初めて出会った時は完全に子供扱いで、ビジネス的にも人間的にも相手にもしてもらえなかったレベルだったんです。

これで1つ上のステージに上がったというよりは、自分の歩んできた人生や努力が、別の道で認めてもらえる機会を得られる可能性を生んだということにすごく嬉しさを感じたんですね。(ただ愛のないお金を稼ぎたいからというゲスい発想だけでは無理)

そして最後に言われた言葉は「計算出来る目標じゃなく少し無理だと感じる目標に向かえ」ということで、1000万円稼ぐという目標が逆算出来そうならそれ以上の目標を立てろというお話でした。

本気で働いているからこそ、今の自分がどこまでの力量があり未来がどうなるかを把握出来るからこそ、この辺りの目標設定を明確にしてよりハードな目標に向かって頑張っていければと思っています。(すごく良い経験でした)

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer