積み上げて来た信頼を使って「やりたい」を唱えたら動き出した未来。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

積み上げて来た信頼を使って「やりたい」を唱えたら動き出した未来。

2023.11.16
2023.11.16

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

先日、お世話になっているクライアントさんから「ご飯行きませんか?」と誘っていただき、そこで今動いているプロジェクトのことや、近況報告なんかを話し合っていました。

そんな中で、今自分が誰かのエゴやプライドに振り回されていることで、色んなことにフラストレーションを抱えていることを伝えたんです。

ということで今回は、積み上げて来た信頼を使って「やりたい」を唱えたら動き出した未来、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

エゴやプライドに振り回されて積み重なったフラストレーション。

僕は基本的に、お仕事をする上で「やってあげたい」という気持ちでしか動かないスタイルでやっていて、特にお金なんてもので動くことはほぼ100%ないんですよね。

そんな中で、良かれと思って「絶対に正しいこと」を提案したりするんですが、全て何かしらの理由をつけられて却下され、「言ってたことと違うやん」っていう経験をここ数ヶ月で沢山しました。

僕の善意が地面に叩きつけられた結果、仕事を辞めてしまいたいと思うくらいモチベーションがなくなってしまい、なぜか前向きにサポートしようしていた僕が泥沼化するという謎の現象になってしまったんですね。

ちょうど一番落ち込んでいて、どうしようもないタイミングで、冒頭でお話ししていたクライアントさんだけは神様かと思うくらい自主的に寄り添ってくださり、さらには「ご飯行きましょう」とお誘いくださったんです。

お世話になっているクライアントさんと食事に行って。

クライアントさんと食事に行く時は、基本的に僕よりも先輩の方がほとんどなので、食事はいつもご馳走してもらって恐縮なんですが、そこまでして一緒にご飯に行きたいと思ってくださる関係性にいつも感謝しています。

近況報告以外には、クライアントさんからはこれといってお話しすることもなかったと思うんですが、今回はこれも縁だと思えるくらい僕のフラストレーションを話すのに適したタイミングだったこともあり、思い切って僕の話をさせてもらいました。

基本的に話したことは「エゴやプライドに振り回されてアイデアを形にするタイミングを失ってモチベーションが低下している」ということで、それを聞いたクライアントさんから、思わぬ返事が返って来ました。

そのクライアントさんは、超が付くほどの老舗のお店を経営されている方で、僕もいつもそこのお仕事を手伝っていたりするんですが「お店の看板を使って君のブランディングを試してみたら?」と言われたんです。

積み上げて来た信頼を使って「やりたい」を唱えた。

僕がここに至るまでには、ずっと「レスポンスが早い」とか「クオリティが高い」とか「コスパが良い」とこのクライアントさんからは言ってもらえるようなお仕事を重ねて来ました。

そんな関係性の中で、いつもは言われた通りのお仕事を繰り返してやっているだけの僕だったんですが、「君の実力をうちを使って試してみろ」と言ってもらえたのは衝撃で、一気に押さえ込んでいたモチベーションが湧き溢れて来たような気がしました。

加えて、そんな大きな看板を使ってやらせてもらえるようなプロダクトだということもあったり、自分が次のステップに進むタイミングが来たと感じるような出来事に、久しぶりにワクワクする気持ちが生まれたんですよね。

これは確実に、積み上げて来た信頼を使って「やりたい」を唱えたからこそ叶ったことで、言霊というのは存在するということを感じたし、僕はこのチャンスをなんとしてでも掴みたいと思いました。

自分でも意味が分からないほど湧き出てくるアイデア。

僕は基本的に「言われたものを作るクリエイター」という立ち位置でお仕事をしているので、企画やアイデアを出してそれを実現させるような機会ってほとんどないんですよね。

だからこそ「アイデアを出す」ということはほとんどしない訳なんですけど、色んなプロダクトや広告を見ながら「僕ならこうするのに…」と意見を出せるくらいに、色んな部分から情報収集をして、それを集めるだけではなくメモし続けていたりします。

そんな感じに集めに集めまくったアイデアの数々が「好きなようにやってみて」と言われた瞬間溢れ出して来て、色んなところでそれぞれが繋がっていく感覚はがすごく楽しくて、一瞬で色んなものが固まりました。

今からその書き出したアイデアで、「企画書」みたいなものを作るんですが、企画書にもデザイン性を持たせて、このプロジェクトが通ろうが通らなかろうが、「企画書を使ったプレゼン能力」みたいなものだけでも爪痕を残せれれば良いかなと思います。

訳あって、僕は今色んな会社の営業資料を見ているんですが、そこそこ大手の会社の営業資料を見ていても「大したことない」と思うくらいのクオリティは資料の段階で叩き出せると思うので、そこらへんでもどんなものが出来るのか楽しみです。

きっとアイデアの段階でも、そこそこのクオリティのものになるので公開は出来ないと思いますが、もしも販売が決まるようなことでもあれば、こちらでもご紹介させてもらえたらと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer