数年前からは考えも付かない程の落ち着きを見せての大手企業への突撃案件。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2664 1444

数年前からは考えも付かない程の落ち着きを見せての大手企業への突撃案件。

2023.03.29
2023.03.29

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

お仕事のスケジュール的な面でどうしても不安なのでブログを書き溜めていたこともあり、1日後ろにズレての内容になるんですが、僕は今東京に向かう新幹線の中です。

シンプルに仕事が忙しいだけであれば自宅に引きこもりになるんですが、最近は移動が必要なスケジュールが詰まっていて落ち着いて仕事が出来た試しがありません。

ということで今回は、数年前からは考えも付かない程の落ち着きを見せての大手企業への突撃案件、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

新幹線の車内でブログを書いていて僕が思うこと。

いつのことだったか明確には覚えていないのですが、僕は昨年に初めて「東京出張(交通費支給)」というお仕事の案件を京都にいながら受けさせていただくことが出来ました。

「そんなもん関東を狙って仕事してたら簡単なことじゃないか」と思われる方もいると思うんですが、僕にとってはすごく特別な出来事だったんですね。

というのも、全くのゼロからスタートした完全独学フリーランスデザイナーの僕にとって、ズブの素人だった僕を東京にまで呼んで仕事をしてくださる(しかも超大手企業だった)というのはデザイナーを志した当時は想像も出来なかったことでした。

そんな僕が「東京に向かう新幹線の中でブログを書く」というこの状況を冷静になって考えた時に、心が震えるような感覚になり、ドキドキワクワクというよりはしみじみするといった表現が正しいと思います。

不安は沢山あるはずなのにやけに落ち着いている変な心境。

で、僕が今回東京に向かっているのは業務委託先のお仕事の都合で、要するに僕個人のお仕事というよりは業務委託先の会社さんのお仕事をフリーランスということは(建前上は)伏せて受けている状況だったりするんですね。

なので現場で先方にあった際には「フリーランスの福井浩太です」という自己紹介ではなく、「株式会社〇〇〇〇の専属デザイナーの福井浩太です」という風な自己紹介になります。

僕と業務委託先の先方は昔からのお付き合いなので、それこそなぁなぁの関係であったりするんですが、お仕事をさせてもらう先方は基本的に現場で初めましてのことがほとんどなので、少しだけ不安があったりするんですね。

加えて僕自身の感覚では、自分の実力が足りていると思っていない案件を振られていたりもするし、ビジュアル的にも金髪でチャラく見えてしまうビアハインドも(自ら)背負ってしまっているんですが、最近はそれでもやけに落ち着いている自分がいたりします。

逆境と不安の中で落ち着けている理由は経験と場数から得られたもの。

この落ち着きがどこから来るのかを考えたりもするんですが、決して自分の実力に慢心しているということではないということを僕自身が1番分かっています。

基本的に出張となるのは「現場に行かないと出来ない仕事」というのがあるので、撮影なんかの仕事が中心にはなるのですが、僕は決してカメラマンではないわけなんですよね。

僕が自分自身をカメラマンだと名乗ってしまえば、それこそ本気で1点集中して頑張っておられるプロの方に失礼だと思うし、それを恐縮だと感じてあくまで僕はカメラは制作活動の中の(趣味を少し超えた程度の)オプションだと位置付けています。

そんな中で、昨年に経験させてもらった超大手企業からの制作案件を経験したことと、ここ数年でのカメラを使った制作での場数が僕に落ち着きを与えてくれていると感じるんですね。

お仕事を終えるまでは怖さしかないけど戦い続けるしかない。

僕の心の奥底にある本音をお話すれば、正直な話「怖さしかない」ということが毎回の制作で言えるし、それは納品するまで消えることはありません。

今もこうして新幹線の中でブログを書いて、「落ち着いている」なんてことをほざいている僕ですが、先方に会って実際に上手く撮影することが出来るかの保証もなければ、それが出来るか不安で出来ることなら逃げ出したいような自分もいるんです。

でも、僕は自分の名誉のためでもなんでもなく、自分が大切だと思って持ち上げて行きたい人達のために、そしてそんな僕を信頼して任せてくださっている方のためにも戦い続けないといけないんですよね。

いつまで経っても僕は動くための行動の動機は、自分自身が上に登りたいということではなく、あくまで自分を必要としてくださる方のために動けていることを誇りに思っています。

結局のところ何が言いたいかと言えば、「もう東京も数回来たし慣れてきたぜ」みたいなことではなく、何者でもない僕が、いつまで経っても個人での戦いは恐怖でしかないなって自分を奮い立たせて戦場に向かわせるという複雑な心境を伝えたかったということです。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer