出会った不幸と真摯に向き合うことで起こった大逆転劇。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2664 1444

出会った不幸と真摯に向き合うことで起こった大逆転劇。

2023.04.29
2023.04.29

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

先日僕は大切なものを壊されて(とはいえ直せば元に戻るんですが)、手に入れたばかりのものだったので少し凹んでたんですよね。

そんな中、加害者の方から毎日のように連絡をいただいていて、やっとのことで直接お会いすることが出来たんです。

ということで今回は、出会った不幸と真摯に向き合うことで起こった大逆転劇、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

仏の様な気持ちを持ち続けると決意した日。

もちろんそれを壊された瞬間は「なんで俺なんだよ…」ってめちゃくちゃ腹が立ったし、もし会ったらどうにかでもしてやろうかなんてことを心で思ってしまっていた自分がいました。

ただ、最初にお電話をいただいた時にその方からの誠意を感じたのをキッカケに「僕は仏の心を持って許せる人になりたい」と思う様になったんですね。

思うだけなら簡単ですけど、それを行動に移そうと思えたのは毎日の様にその方から「今日は何時ならお会い出来ますか?」とお電話をいただいたからこそで、むしろ被害者の僕の心が洗われるような時間を過ごしました。

そういう意味ですごく僕は今回のことに関して感謝の気持ちが芽生えていたんですね。

今回の事件に対して怒らず前向きに向き合ったからこそ。

で、僕ここ最近ホントに忙しくて、全然時間に余裕がないスケジュールを過ごしていたんです。

なので、毎日の様に電話をいただいていても「ちょっと今日は出ています…」と直接お会いする機会をなかなか作ることが出来なくて数日が経過しました。

そんな中、今朝またその方から電話がかかってきて、僕もちょうどそのタイミングで時間を作ることが出来たので直接お会いすることが出来たんです。

お会いして感じたことを一言で言えば「自分がかけて欲しかった言葉を全てかけてくれた人」という感じで、完全に被害者ではあるんですがその方から嫌な気持ちが一つも感じられませんでした。

完全に被害者だったにも関わらずその方から学んだ姿勢。

誰でも意図しないミスや過ちはあると思うんですが、実際に起こってしまった事実を書き換えようとしても無理なこともあったりしますよね。

ただその起こってしまったことを「良くも悪くも変えるのは自分の行動次第」ということを今回僕は大きく学ばせてもらったなと感じました。

その方は会うなりすぐに「今回は大変申し訳ございませんでした」と謝罪してくださり、つまらないものですがと菓子折りを僕に渡してくださったんですね。

その後も、当日の状況を事細かく説明してください最高の配慮を感じた上に、さらには菓子折り以外にも「これ使われます?」と色んなものをプレゼントしてくださいました。

僕も自分が逆の立場だったら正直者でいたいと思った。

聞けばその方、自分も同じ立場に2週間前になったそうで、その時に加害者の方から同じように誠意を感じたからこそ「自分が逆の立場になったらそうしよう」という決意を持っておられたそうです。

たった2週間のことでしたが、自分が逆の立場になった時に「逃げようと思えば逃げられる」という葛藤があったのは確かだったんですが、それでも正直に伝えようと思えたからこそ僕に連絡をくれたんですよね。

心が綺麗な人が偶然集まったからこそ生まれた奇跡で、そんな奇跡の中で僕はすごく大切なものを学ばせてもらえた気がしています。

本音で話せば、当初は怒りしか覚えなかったし、でもそんな中で出会った不幸と真摯に向き合うことで起こった大逆転劇だったと感じています。

僕は自分自身がネガティブから抜け出そうとしていたような状況だからこそ「負」を引き寄せてしまっていたのかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

僕もその方のように「自分が逆の立場だったら正直者でいよう」と思えたし、今回の件を通じてまた一つ成長出来た気がします。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer