このクソみたいな世界の中で僕は絶対に最後は笑って死んでやる。

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

全国のFOURTEENファンの皆様(いない)お待たせしました。

ここ数年の僕は世間では普通に生きていた様に見えていても、自分の中では明らかにどん底の様な場所に沈んでいて、本来の自分のパフォーマンスを出せてない自分に死にたくなることもありました。

ということで今回は、このクソみたいな世界の中で僕は絶対に最後は笑って死んでやる、という全ての大切な方へ僕からラブレターを届けしたいと思います。

完全復活。

お待たせしました。

完全復活。

ただいま。

さてここから。

取り戻しに行こうか。

未来を。

全ての大切な方へ僕からのラブレター。

この期間。

ホント辛かった。

SNSを開けば見たくもない現実ばかり。

それでも逃げずに全てを見て飲み込んだ。

でも僕は何も変わらなかった。

あの時から。

ずっと。

変われなかった。

この期間。

自分の死に場所みたいなものを探してた。

抱えてたものが多過ぎて。

全部捨ててやりたかったけど、全部捨てられなくて。

毎日朝から晩までお酒を飲んで自分をごまかして。

どれだけ飲んでも酔えなかった。

だから「ハイボールおじさん」って呼ばれてた。

ホントに。

辛かった。

こんなこと言えば。

「そんなこと言わないで」って誰かに泣いて怒られるんだけど。

ホントに何度も死のうと思った。

今生きてるのが不思議なくらい。

沈んだ。

でも、もう決めた。

僕は逃げない。

勝つんだ。

勝つ日まで戦う。

だってそれが僕だから。

それが愛される僕だから。

独学でデザイナーになるって。

バカにされていた夢だって。

僕は叶えた。

だから。

無理だって言われてたことが。

叶う瞬間。

ここから見せてやるよ。

いつ人生が終わっても良い。

それは今も変わらない。

19歳の時からずっとそう。

変わったことはその覚悟が強くなっただけ。

だからこそ全て懸けられる。

今の僕は強い。

嘘つきなヤツは嫌いだ。

ぶら下がるヤツは嫌いだ。

愛がないヤツは嫌いだ。

でも僕は全てを抱きしめる。

自分でも呆れるほど。

自虐的なバカだ。

最近答えが出た。

「特定の何か”だけ”を満たすだけの世界」は

きっと僕には狭過ぎたんだ。

「関わる全て」を満たせるくらいじゃないと。

「人を笑顔にする」

それが19歳の頃に見つけた僕の生きる目的。

押さえ込まれてたエネルギーを今解放する。

それが僕の生きる意味。

僕なら出来る。

絶対に。

趣味を仕事にしたいヤツ。

手に職をつけたいヤツ。

ワクワクしたいヤツ。

人を笑顔にしたいヤツ。

今は何もなくていい。

独学で培った経験と知識。

僕が死ぬまでに全てくれてやる。

そしてその世界は。

多分、最高だ。

今必要なことをだけをやろう。

覚悟と熱量を持って集まれ。

(あとノートパソコンなりカメラも必要に応じて)

ここで宣言する。

FOURTEENはチームに形を変える。

でも会社にはしません。

いつまでもプロジェクト。

それが「FOURTEEN PROJECT」

フリーランス歴9年目(多分)

「独学でフリーランスは絶対に無理だ」

「フリーランスに信用はない」

僕を知る人間、全員に嘲笑われた中。

常識をぶっ壊して全員をぶち抜いた。

当時は相手にされなかった会社も。

一部上場企業だって。

今ではお仕事をもらえるようになった。

その瞬間に経験した感動。

表現出来ないくらいの。

非現実だと錯覚する出来事。

何より夢は絶対に叶うってことを。

人生の最後はチームで見たいんだ。

僕が見たその景色を。

僕の大切な人たちに見せたい。

頑張って良かったなって。

生きてて良かったなって。

思えるように。

僕が生きているうちに。

一緒に泣こう。

絶対に。

最後は笑って死んでやる。

お待たせ。