尊敬する先輩に誕生日のお祝いで高級お寿司屋さんに連れて行ってもらって。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

尊敬する先輩に誕生日のお祝いで高級お寿司屋さんに連れて行ってもらって。

2022.02.17
2022.02.17

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

10年前の僕は「人を笑顔に出来る仕事」に就きたいと思い、それを直に感じることが出来る、そして記録として残っていく、デザイナーという仕事を選びました。

当時はフリーランスなんて信頼はないと言われ、しかもデザイン素人が独学で道を切り開こうなんてバカ同然で、僕の周りには味方なんてほとんどないような状態だったんですね。

ということで今回は、尊敬する先輩に誕生日のお祝いで高級お寿司屋さんに連れて行ってもらって、というお話をしたいと思います。

いつもひとり孤独で信じて貫き続けた信念。

あんまり普段は言わないんですが、独学でデザイナーになろうと思ったあの瞬間、僕は「絶対に成功する自信」に満ち溢れていました。ただ、当時は表面的には「クソガキの戯言」でしかなくて、そんな想いも伝わることはありませんでした。

友人も知人も、なんだったら家族でさえも「なんかやってるわ〜」的な感じで、その姿を実際に見ている家族からは「いつになったら就職するの?」と言われ続けていたんですね。で、それがホントに悔しくてたまらなかったんです。

信じて欲しい人には信じてもらえず、いくら友人や知人も「応援してるよ!」とは言えども、結局は他人事でしかないわけで、僕がこけようが何しようがそこまで関係はないわけなんですね。

そんな中、僕はいつもひとり孤独で「俺なら絶対に出来る」と、仕事の1つももらえないようなペーペーが根拠のない自信を貫き信じ続けて生きて来ました。

圧倒的な反骨心と焦燥感をエネルギーに変えて。

「30歳に芽が出なかったら就職する」と家族に告げ、毎日のようにさっさと普通の仕事をしろと言われ続けてきた家族からのプレッシャーを感じながら、圧倒的な反骨心と焦燥感をエネルギーに変えて努力してきました。(すごく惨めでした)

自分の欲しいものは必要ないもの、食べたいものは食べてはいけないものに、行きたい場所は苦手な場所にそれぞれ変換して、僕は自分の人生の時間を犠牲にすると共に、自分のクリエイターとしてのキャリアに追い風を吹かせるために時間を費やしました。

今思えば、そこまで我慢しなくて良いんじゃない?って思うくらい、ストイックに生きて来たんですが、そのお陰もあってここ数年で僕自身はすごく成長出来たとお思います。(流行り病の期間で信じられないほど飛躍しました)

そんな時に、今回のお話の先輩から「ご飯食べに行こう」と個人的に誘ってもらえたんですね。

相手してもらえたなかった人から認めてもらうということ。

僕はその人を見る時に、その人も周りにいる人を見るという事を大切にしていて、それこそ「類は友を呼ぶ」ではないですが、その人が一緒にいる人間(一緒にいようと思う人間)は、それなりの意味がある存在だからだと思うんですね。

どうでも良い人間とは一緒に過ごそうとは思わないし、ましてや貴重な時間とお金を使ってご飯をご馳走しようなんて思わないはずだからです。僕が嬉しかったのは、その時に先輩側から声をかけてもらえた事ですね。

「仕事の話聞かせてよ」とか「ブログ読んでるよ」とか、これはただの先輩後輩の関係ではなくて、人としての関係で僕を見てくださったということを感じて、昔から繋がりがあっただけに、その時僕は1ステップ自分が進めたんだと、すごく感慨深い気持ちになりました。

尊敬する人の近くに置いてもらえる(気にかけてもらえる)ということは、僕自身がその価値を持っているような存在に近づけたことがすごく嬉しかったんですね。

普通じゃ食べれない高級お寿司屋さんに連れて行ってもらって。

今回で2回目(2人きりは初めて)の食事に誘ってもらったんですが、予約してもらっていたお店は、人生で初めての「高級お寿司屋さん」で、カウンターに座らせてもらって、目の前で大将が握ってくださるようなお店でした。

マナーもクソも分からないし、「ただ美味すぎる」ということはビンビン感じてるものの、気の利いた言葉を選ぶことが出来ずに空回りしたりもしましたが、すごくすごく特別な食事と共に、特別な時間を味合わせていただきました。

「使う使わない関係なく知っていることが経験になる」という言葉をかけてもらって、この日の経験は僕にとって1つの引き出しとなりました。

高いお寿司を食べたということではなく、こういう世界があり、こういう技術がある、そしてこういう人格者が存在する、そんなことを知れたこと、教えてもらったことが僕の成長につながると感じました。

冗談っぽく聞こえたかもしれませんが「次は僕が人を連れて来れるように頑張ります」と大将に言い残し僕はお店を後にしました。

自分が認めた人を、自分が認めた相手と繋げていく。そんな心遣いを嬉しく思い、僕はこういう経験をまた次の人間に繋げていけるよう(そしてこれからも繋がっていけるよう)成長を続けていきたいと思いました。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer