フリーランスはいつだって誰も助けてはくれない孤独や恐怖との戦いである。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

フリーランスはいつだって誰も助けてはくれない孤独や恐怖との戦いである。

2023.06.12
2023.06.12

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

僕は聖徳太子じゃないんだからと言わんばかりに多方向から仕事の依頼が飛んできて「流石にちょっと休ませて…」みたいな感じで仮眠を取ったところ新規依頼の電話で目を覚ましました。

もちろんそこで「やります」と言った僕ですが、ふと電話を切った後に寂しくて、なんだか怖くなってしまった瞬間がありました。

ということで今回は、フリーランスはいつだって誰も助けてはくれない孤独や恐怖との戦いである、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

僕にとって自分の人生やお金なんかどうでもいい。

ここ最近、自分の体力やメンタルを保つために必死で、以前よりも増して「自分の収支管理」みたいなことをすることが一切なくなりました。

要するに「体力を温存することを優先して高速を使って早く帰る」とか「メンタルを保つために欲しいものは躊躇せずに買う」みたいな感覚ですね。

環境が変わったということで必要なものが沢山あるというのが正直なところなんですが、とにかく今は「今の自分を保つ」ということがすごく重要で、日常生活を如何に楽にするかということに柔軟に対応しています。

今の僕は人生の全てを「人のため」に捧げていて、自分ひとりの幸せなどとうの昔に捨てていて、そういう意味で僕にとって自分の人生やお金なんかどうでもいいという状態だったりするんですね。

自分を保つための自己管理も歴とした人のため。

案外こう見えて自己管理は出来てる方で、そんな中でも朝起きたら掃除、食事は毎食自炊、洗濯や食器洗いなどもほぼ完璧で、いつも身の回りは綺麗に整っている状態です。

いつ誰が来ようが対応出来るような状況にしていることを考えれば、それはプライベートも仕事も同じだなと思う一方、今は仕事の消化が全く持って追いついていないような状況です。

消化が追いついていないというよりは、これまで通りのスピード(少し落ちてるかもしれない)でお仕事の対応をしている中で、入ってくる量に圧倒されているというのが正直なところかもしれません。

そんな中で、仕事を捨てる(投げる)みたいなことは僕には出来ないので、周りの方のサポートに頼りながらもなんとか仕事をこなそうと必死なんですね。

疲れてした仮眠を新規依頼の電話で起こされた。

冒頭でもお話ししたんですが、今の僕は「やれる時にやる」というスタンスでしか仕事が出来ない状態で、朝から夕方までが仕事の時間というよりは、調子が良い時に思いついたことをやるというスタンスなんですよね。

なので、たとえば今日は朝に頭がスッキリしてたのでパパッと単純な(答えのある)業務を終わらせて勢いづけようとしたところ、進みが悪くモヤモヤしていた制作に対しての連絡が来て急遽打ち合わせが決まりました。

そこで言われたのは、また終わりの見えないようなお話で、そんなことに付き合ってるくらいなら進めないといけないプロジェクトが山盛りだよって思うと一気に萎えてしまったんですよね。

そんな1日の中で、早めに日課のランニングを済ませて切り替えようと思ったところ「ちょっとダメだ…」という波がやって来て、仮眠して切り替えようと思ったら新しいお仕事の依頼の着信で目を覚ましたという訳です。

フリーランスという誰も助けてはくれない孤独や恐怖との戦い。

そんな電話に(寝起きで)出た時にクライアントさんから開口一番「疲れてますね(笑)」みたいなことを言われまして、心の中で「寝起きだからな」と思ってはいましたが、声にも出てしまうのはちょっとヤバいなと反省しました。

その電話を切った瞬間、ふと、これまで感じなかったような「寂しさ」を感じて、急に僕は「自分ひとりで戦えるんだろうか」という孤独と恐怖を感じました。

きっと今の自分自身を冷静になって見た時に、僕の後ろで代わりに責任を取ってくれる存在がいないということに気付いて、僕しか出来ないことを「やります」と言い続けている自分が諸刃の剣であることに気付いたんですよね。

正直、時間や体力が無限にあれば出来るんですが、僕は僕自身が人間であることを気付かされた瞬間で、そこまで自分は追い込まれてたんだと我に返りました。

体調が悪かったり、メンタルが疲弊していて作業が思うように進まなくて追い込まれてても、誰にも頼ることが出来ない孤独の中、「出来ます」とか「やります」って言葉は、ただの自分を奮い立たせるためだけの言葉だったんだなって。

結果が出なければ切られるだけのフリーランスという生き方は、いつだって誰も救ってくれない孤独という恐怖との戦いなんだと改めて気付きました。

自分を信じて「出来ます」と宣言している中で、周りを安心させる僕でいなきゃいけないし、本音を言えば今の状況がすごく怖いけど、僕は戦い続けないといけないんだなって、今日も徹夜作業に向かおうとしてる僕でした。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer