もしも毎日ブログを更新していなかった時を想像してみた。

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm(準備中)

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

毎日ブログを続けてそろそろ500日目になるんですが、振り返ってみルト、ブログを書いて来たことで手に入ったものがすごく沢山あったなと思うんですね。

ブログを書いていなければ結び付かなかったお仕事や、クオリティを高められなかったお仕事、もっと言えば、出会えなかった人達までいるんじゃないかと思うことがあります

ということで今回は、もしも毎日ブログを更新していなかった時を想像してみた、というお話をしたいと思います。

ブログを書き続けたことで得られた能力。

ブログを始める前と後で大きく違うのは、やはり「文章力」だと思います。

下手くそなりにではあるんですが、一応毎日『どんな風に書けば読みやすいだろう…?』みたいなことを考えて、それなりに工夫をしながら書いていたりするので、少しずつではあるんですが、読みやすい文章を書けるようになって来たのかなと思っています。

で、最初の予想では文章力だけが付くと思って感じだったんですが、文章力に付属してついて来たにしては大き過ぎる「構成力」や「会話力」が身に付いたのを感じました。

物事をしっかりと言語化することが出来ることで、お仕事でもあるコンテンツ制作の構成をより具体的に構成出来るようになったり、チームでのお仕事になった時に、何かを伝える時の説明の仕方なんかもすごく理屈的に上手く伝えられるようになったと思います。

ブログを書いていなければ結び付かなかったお仕事。

ブログを書いていてホントに良かったなと思うことは沢山あるんですが、そんな中でも特に大きかったなと思うのが「ブログを書いていなければ結び付かなかったお仕事」があるということです。

詳しく言うことは出来ないんですが、偶然の繋がりもあって、とある大企業さんから『営業資料を作ってみて欲しいんだけど…』的なお願いをして頂き、プロジェクターでプレゼン資料として投影したり、手持ちの営業資料として使用したりといった用途で使われるものの制作に携わらせて頂きました。

そこでは確実に「文章力」と「構成力」は必須スキルになっていて、『このページでは何を伝えたいのか?』ということや、『この説明は後の何に繋がるものか?』なんてことが分かっていることで、強調する部分や、リスト化する部分や、図やイラストが必要になる部分かなんかが分かってくるんですね。

そういう意味で、ブログを継続して来た恩恵はすごく大きくて、反対に、その営業資料制作からも自分にまだ足りていない部分が露呈したということもあったので、普段のブログを書く時に意識すべき点が明確になったことがすごく良かったです。

ブログを書いていたことで出会えた人々。

ブログを書き続けて来たことで得られたもう1つのメリットは、「ブログを書いていたからこそ出会えた人達がいた」ということだと思います。

書く内容ってそこまで大したことでもないんですが、毎日ブログを書くっていうことだけの権威性って結構僕はすごいものだなと思っていて、それが今や500日休まず続けていることなので、それなりに周りの人からは一目を置いてもらえたりします。

そういう見栄えもあってか、あまり多くないのですが『ブログ読んでますよ』と言ってもらえるようになったり、ブログに対する感想をコメントしてもらえるようになったりしました。

こういったリアクションは、ブログを続けていたからこそ貰えたものだと思うので、そういう意味でブログを書いていたからこそ出会うことが出来た人がいるなと思ったんですね。実際にお会いしたいなと思う人も沢山います。

もしも毎日ブログをやっていなかったら。

500日を目前にして、もしも毎日ブログをやっていなかったらってことを想像するとゾッとするくらい、僕はブログを書くことでホントに成長できたなと思います

正直、ブログを毎日書いているからと言って収益が出ているかと言えばそんなことはなく、時間を結構かけている割にという風に考えればコスパはすごく悪いし、スケジュールの圧迫も結構キツイなって思うこともあるんです。ただ、それ以上に目に見えないメリットが沢山あるので続けることが出来ているんですね。

僕は意地でも続けてしまう性格なので、最初は『続けていて意味あるのかなぁ…』と不安な状態でずっと続けていたこともあったので、今こうして続けて来て良かったなと言える瞬間が来てホントに良かったなと思います。

お仕事がすごく忙しくなって来たこともあるので、どこまでクオリティの高い文章を書くことを続けていけるかは分からないのですが、これからも頑張って続けていけたらと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。